抗精神病薬ってどんな効果がある?病院以外でも処方してもらえるの?

幻聴、興奮状態に陥った際に必要になるのが抗精神病薬です。気持ちを落ち着かせる効果があります。最近では個人輸入代行サービスを利用する人が増えてきましたね。病院に通う気力がない、周囲に知られたくない方に希望の光となるのではないでしょうか。

抗精神病剤には副作用があるの?代表的な副作用を紹介!

      2017/03/27

抗精神病剤は、精神病の改善にとても効果があります。精神病はなった人にしかわからない壮絶な辛さがありますよね。精神が病んでしまうと体のだるさも出てきますし、睡眠障害や、不安、緊張などネガティブなことが次々と体に起こり押しつぶされそうになってしまいます。

そこで助けてくれるのが抗精神病薬です。精神病と一言で言ってもいろいろな症状がありますが、その症状別に、ふさわしい抗精神病薬を選べれば症状は徐々に改善していくでしょう。

精神病患者にとても大きな効果を与えてくれる抗精神病薬。最近では病院を受診せずに通販で購入する方法もあるそうですね。気軽に手に入るようになった抗精神病薬ですが気になるのが副作用です。抗精神病薬の副作用についてまとめていきます。

抗精神病剤の副作用はこちら

抗精神病剤といっても、それぞれの症状に合わせて全く違うものです。ですから、副作用もそれぞれに違います。どのような副作用があるのでしょうか。

まず、抗精神病剤の副作用で一番多いのが眠気やふらつき、めまいなどです。ひどくなると不眠や、眼症状などを起こします。呼吸困難や動悸、息切れ立ちくらみなどを感じる人も少なくありません。発疹が出たり、乳汁分泌が行われたり、ホルモンの様子がおかしくなることも考えられます。高齢者や妊婦さんへの使用は、副作用のリスクも考えてあまりおすすめできません。

効果が大きいということは、その分副作用もあるということを覚えておきましょう。

抗精神病剤には副作用の可能性あり

どんな薬もそうですが、効果の反面副作用があるというのは仕方のないことですよね。抗精神病剤も、他の薬と同じように副作用のリスクがあることは忘れないようにしましょう。

 - 副作用